大阪・西天満のフランス料理 井上義平
<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
皆さんお茶汲みって大変ですか?聞かせて下さい
こんにちはうなぎの丼ちゃんです。
昨日は皆さん選挙の投票いきましたか?
私は行きました。まじめなので。意外と

ところで、「今日は土用の丑の日」、皆さんやっぱりうなぎ食べるのですか?
体力が一番落ちると言われる時期ですので。うなぎとは言わないまでも、
何か体力が付くものを食べて、暑い夏をのりきりましょう。

今日、既に私はうなぎ食べました。
自分で、蒸してから焼いて、たれも作り、関西風で、
白焼きの山葵醤油も美味しかったです。・・・・共食いですいません。

先日、私にとって、7月の最大イベント「大阪ガスの料理教室」の
お手伝いが無事終わりました。
初めての経験で、色々と勉強になりました。ありがとうございました。
これからの当店の料理教室に活かせて行きたいと思います。

もっとお店の事も売り込みたかったのですが。
いつもと勝手が違うために
料理のことで手一杯で十分に教える事ができず、生徒さんにもご迷惑おかけしました。

今度は当店の教室にも、ご参加下さい。

当店はメニューから生徒さんとどんなものを覚えたいかという
打ち合わせからスタートします。
少人数ですし。もっとためになると思いますよ。 
都合の良い時間から開始、定休日なので、ゆっくりじっくり、勉強できます。

さて、宣伝はここまでにしまして。

今日の本題、最近思うことがありまして。
皆さん「お茶汲み」ってどう思われますか??
とあるTV番組でお茶を入れるのは女性の仕事、それが当たり前とか、
(特に新人の女性)
雑用=「お茶汲み」と言う会社、上司がいるみたいですが。
私はそれを見て凄く違和感を覚えたと同時にショックを受けました。
(その不平不満をこぼす女性に対しても)
今までの私の人生の中で、その様な感覚はまったく無いですし、
(私の周りにもいないと思います。)当店だけかもしれませんが。

え、、、だって「お茶汲み」ですよ。
私たちの業界では、上司(料理長)のお茶係は光栄な事なのです。
仮に、ホテルに50名のキッチンスタッフがいまして、お茶を入れられるのは、
その中でたった1人な訳ですから。
わかりますか!言いたい事。

大げさかもしれませんが、
私たちは好きはモノ「食」に携わる職業を選び、自分の「夢」に向かって、
もっともその夢を
実現するのに、適切なお店を(職場)を選び、
もっとも信頼(尊敬)する親方(料理長)に付き、
同じ夢・信頼関係・信用・人間として必要な常識・知識・知恵・思いやりなど
社会人として、必要最低限のものを、当たり前に、出来るように、
お互い日々の時の中で築きあげながら、
家族より長い時間を共にしている訳です。

その料理長のお茶係を任せられると言うことは、
料理長から信用を得たと言う事の現われなのですから。
新人がお茶汲みや身の回りの世話をして仕事を覚えていくという発想かもしれませんが、
私はようさせません。

信用してないやつに、身の回りのことをさせても、
中途半端にされますし、もしも、恨みをかっている様な事があるものなら、
お茶に何されているかわかりませんし。

毒だって盛れるのですよ。
(ちなみにその女性は、むかついた事があったらその上司のお茶に鼻毛や、
脇毛いれていました)「笑」

ちゃんと処理しなさい!!

昔ヨーロッパの料理人は側近よりも王様に近く、移動する時も常に共に行動する
お抱えの料理人が就いているほどです。
毒を盛り暗殺される事が多々起きていた時代、
食というものは無くてはならないもので、
一種の権力の表れとまでされていました。

元はといえば、イタリアのお姫様がフランスに嫁いだときに
お抱えの料理人を従えて行った事がきっかけで、
フランス料理が発達したわけで、
ただイタリアのように新鮮なものが入らなかったために
ソースという分野が発達しただけなのですから。
元をただせばルーツは同じです。

貧富の差が激しく宮廷料理と家庭料理、
各地方の郷土を活かした料理など、違う形で特徴を博していったのもうなずけます。

当時は香草(ハーブ)が権力の象徴で香辛料が、とても強く、
何を食べても同じような味だったとされています。
日本でも同じ事ですよね。
お砂糖や塩、お米など単位にも成る位ですから。

私は常にお茶係の時は、料理長の今日の体調や、好み、気分を考え、
日替わりで色々なお茶をつくっていました。
お茶の国で育ったので。
毎日そういったやりとりをしていると、
自然と今日は何が飲みたいか、体調、気分、顔をみればわかるのです。
不思議な事ですが。

食に携わる職業の方、経営者、飲食って、
人に喜びを与えられる素晴らしい職業だと私は考えます。
それと同時に人の命も奪えるのです。
簡単に

そういう意識を持った人が増え、自分の仕事に誇りを持ち一生懸命やっていけば
最近の様な
お話にならない事件が起きないのではないでしょうか!!

当店では手の空いているものが、お茶を入れるのが、当たり前です、
私も今となっては
料理長という、肩書きですが、全然苦にならず、よくお茶を入れています。
やっぱり自分で入れた方が美味しいので!!

でも、信頼している部下や(男ですし、)
むさくるしい男性スタッフより女性スタッフ
に入れてもらった方がなんとなく美味しく感じますが。
不味くても不味いといえませんし。(笑)

たまには、上司の皆さん「いつもありがとう」、
{お疲れ様}と一言、
コーヒーでも入れてあげたらどうでしょうか
きっと違いますよ

私のお薦めはモカ・ジャバです。濃い目の!!
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-07-30 05:57 | Comments(0)
ぐるなびでブログがスタート
当店のぐるなびページからブログがご覧いただけます。

ぐるなびブログには、前日に次の日のランチメニューをイチハヤク
皆様にお伝えしています。

お楽しみに!!

こちらのブログがご無沙汰になってすいません
こちらでは、オモシロねたやために成るお話無駄なはなし色々のせていきます。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-07-29 11:38 | Comments(0)
ガールズバーじゃないのですが
最近また、チーズフォンデュのご予約が増えてきました。
キリッと冷えた白ワインとの相性がよいと言うことで、
それに加えて今月のコース料理は夏を意識してとてもあっさりとヘルシー、
そしてフレンチの醍醐味も味わえる欲張りなコースとなっています。
多くの方のご来店お待ちしております。

因みに7月20日は、私の誕生日です。
むかしは海の日(海の男としては、ぴったりの誕生日なのですが、今は毎年変わりますので、残念です)
言っても私が生まれてから海の日ができたのですが。
いつも誕生日は夏休みの初め、
なんか寂しい思いをしていた様な気が、
そんな私に会いに来てもいいよと言う方
ご来店お待ちしています。

ガールズバーじゃありませんが

特別イベントする訳でもなく。
何か私からプレゼントいたします。

今年うなぎが高いのに、駿河の国から天然モノが届きました。
これはまさしく共食いです。

益々、元気な丼ちゃんでした。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-07-17 04:40 | Comments(0)
じめじめした梅雨を吹っ飛ばす当店特別メニュー
最近、梅雨のジメジメした日が続きいている中、
当店ではそんな天気を吹飛ばす、すっきりと心を晴れやかにする様な
特別コース料理をご用意して皆様のご来店をお待ちしています。


★Aコース 3500円★
・前菜4種盛り合わせ
・2色アスパラガスのムース
・トマトのシャーベット、サラダを添えて
・紀州産甘海老とトマトニソワーズ
・夏野菜のミルフィーユ仕立て
・ソースブールブラン
・本日のお奨め肉料理
黒板の中から一品お選び下さい
一例 (山形牛ロース肉のステーキ その腰肉の煮込み添え)
・季節のデザート盛り合わせ
・コーヒー・パン


★Bコース 5000円★
・前菜盛り合わせ
・冷製オードブル
・自家製シャラン産かも肉と焼き茄子の冷製
・自家製ドライトマトとブラックオリーブソース
・塩漬け牛タンのサラダ仕立てを添えて
・スズキ・帆立ムース・車海老・トマトフォンデュの
クレープ包み アンチョビ風味の乳化ソース
バジルの香りと共に
・クスクス・ラタトゥイユ・平目・ノルウェー産サーモン
鯛のムースのロメインレタス包み
黒枝豆と干しえびのソース
・本日のお奨め肉料理
黒板の中から一品お選び下さい
一例 (骨付き仔羊背肉の岩塩包み焼き南仏野菜をソース代わりにして)+400円
このメインディッシュは少しお時間頂きます
(オーダー後にご用意致します)
・季節のデザート盛り合わせ
コーヒー・パン


*まだまだチーズフォンデュコース大人気
暑い夏にすっきり冷えた白ワインとの相性抜群です。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-07-13 07:25 | Comments(0)