大阪・西天満のフランス料理 井上義平
<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
毎年恒例の感謝祭 今回はフランス料理店 他店では絶対に出てこない一品が!
d0149593_157751.gif

こんにちは、うなぎの丼ちゃんです。

先日6月18日(月)は毎年恒例と成りました、感謝祭を開催いたしました。
日頃のご愛顧への感謝の気持ちをこめまして。
常連様を対象に、今年は例年以上に多彩な顔ぶれで大盛り上がりとなりました。

昨年は当店で初めて感謝祭を行いました、(以前のお店から行っています)

ランチにケーキセット付で900円
ディナーはお土産付で開催しましたが、
定休日の月曜が定着したと言うこともあって、事前に告知した方のみ+α、
ランチはケーキセット目当ての当店始めてのお客様のみという事で、
お返ししたい方には余りご来店していただけなかった為に、
今回はディナーのみ、常連様だけにお知らせ致しました。

結果、大成功、スタッフも、お客様も大盛り上がり。
これが本来私達のしたかったイベントの趣旨です。

料理も一日だけの特別メニューですし、
私も当店では、初めてお出しする料理ばかりなので、ドキドキでした。

席数 ご来店のタイミングなどの関係で、一組様の人数制限をさせていただいたり、
ご連絡できなかったり、
ご来店いただけなかった方には、大変申し訳なく思っています。
また機会がありましたら。



今回の感謝祭特別メニューです。どうぞご覧下さい。
まず左上から、一品目 前菜 コンタン(塩漬け牛タン)のフレンチマスタードマリネ
2種のトマト(アメーラ、マイクロトマト)、ハスイモ、きぬさや と共に
二品目 右に移りまして、キングサーモンと南仏野菜のHURE(ユール)サラダを添えて
(ユールと言う料理は、ゼリーで固めたテリーヌの様な料理によく使われる名前です)
この時のゼリーはもちろんサーモンのユールなので、
本来なら魚のだしで取った出し汁のゼリーを使いますが、
今回私は(海老のコンソメを使いました)

右の上の写真は海老のコンソメスープです。
ホント美味しかったです。
自分で言うのもなんですが、

次に三品目 スープは白インゲン豆と三元豚のスープです。
当店の人気メニューのスープですが、はじめて登場します。
とても好評でした。

横に移りまして、四品目 魚の形をした魚のパイです。
センス無くてすみません。
(ポールボキューズ)が作りはじめて広まったと言われる料理です。
(実際は大きな魚(すずきなどの白身の魚を上身にして詰め物をして
一匹そのまま元の形にパイ生地でかたどり焼くのですが
今回は一人前ずつ焼いています。
ソース・ショロンは卵黄に澄ましバター エシャロットの香りとエストラゴンの香りを入れ、湯銭でゆっくりと卵黄に火を入れてマヨネーズ状にしたものです。
仕上げにレモン汁 を入れます。
これにトマトペースト(トマトピュレ)を入れると
ソース・ベアルネーズ(Sauce Bearnaise )→ ソース・ショロン(Sauce choron)
と言う名前に変わります。

フランス料理ってメニュー見ただけでどんな料理かわかってしまうので意外と簡単ですよ
肩肘張らなくても。
(日本料理もそうですが。言葉も日本語が一番難しいと思います。)

(一匹ずつ魚の種類が作るスタッフによって違うのがお客様に受けていました。)

下に移りまして、5品目 伊勢海老のテルミドール(グラタン)です。
クリスマスメニューで大好評でしたので、ご要望にお答えして 
当店のテルミドールはやっぱり美味しいです。
他店でなんどかたべましたが、結婚披露宴位ですかね、出てくる機会は
食べられた方、これから注意して食べてみて下さい。

6品目 お口休めの(マラスキーノ)のグラニテ(写真ありません) 

7品目 (写真はありません)フランス産子鳩のロティ ソースマデール(にんにく風味)

8品目 〆に他店 フランス料理では絶対に出てこない 
当店だけの鳩の出しで作った鳩そばです。
(これは全員美味しいと絶賛して下さいました。)

以前ブログに載せましたが、今回は分量もきっちりだして
連れのお蕎麦屋さんにかえしの作り方を教えてもらい、
細部にいたるまで、気をつけてつくった最高作品です。

中には隣でおそば屋開いたらと言う声も多数、
同席していた、マンションの大家さんの承諾も頂き・・・・


すいません無理です・・・・・・!


9品目 デザートは オレンジのテリーヌ・オリエンタル風、
枕スイカとそのシャーベット (スイカバーよりスイカ味)
はじめてつくりまして自分でも作る前までは美味しいのか半信半疑で、
これが以外にも大絶賛、
自分でも 
いただきました★★★3つです。(まちゃあき風に)

さくらんぼ(佐藤錦)
マンゴと泡盛のシャーベット

(ん、ん~~わ。こ、これは口の中が 常夏の大海原やぁ~~~~)
ぴ・た・ご・ら・す!!

オレンジ風味のクロッカン添え
コーヒー 
ワイン ソフトドリンク 
静岡の地酒(2・5升のボトルが直に空いてしまいました)
浜松凧あげ祭りの限定花の舞い酒造  
20年以上時の経つブランデーなど・・

お一人様 5000円 
お土産付です。

色々とメニューに関して材料提供 提案などお力添え頂きました方々、
両親、親友、ご協力ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。(苦笑)
この場をお借りして、お礼申し上げます。

これからも井上義平 スタッフ共々末永くよろしくお願い致します。

どんどんお客様のご要望のレベルが上がっていくので、
それに答えるごとに、自分自身もレベルアップしていく丼ちゃんです。
意外と大変なのです。
我が儘な年寄り多いから
(いえ、いえ、そんな事思っていても言いません)
ハハハ・・。(苦笑)

まず大きなイベントは今度の大阪ガスの料理教室の助手です。
悩みが絶えません。。。。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-06-24 08:43 | Comments(0)
うなぎの好きな日本人「丼ちゃんはショックを隠せません」
d0149593_1544844.jpg

こんにちは、うなぎの丼ちゃんです。

先日、ヨーロッパ諸国で、うなぎの稚魚の輸出が制限されることに、
まだ、うなぎの生態には謎が多く、全世界で稚魚の孵化(商業化)が難しい現状の中で、
うなぎの好きな日本人にとっては、うなぎが高騰するのは、否めない
というNEWSが報道されています。

大西洋の一角でうなぎの稚魚がとれると言うこともあり、
フランス料理でも、昔からうなぎを使った料理が多くあります。
(アジア諸国で捕れる物と種類が違う)

顕微鏡がない、アリストテレスの時代には、
うなぎには「雌雄の区別がなく、生殖能力もない」
「うなぎはいわゆる大地の"はらわた"から生まれ、
泥の中や湿った地面の中で自然に成長する」
という結論を下したほど、謎だらけなのです。

今では顕微鏡ができ、ある程度までは、解明されてきている様ですが。
「ちゃんと雌雄の区別もありますし、稚魚になる前は形が違う」
宮崎の新しい特産物でうなぎを売っていこうと言う知事のコメントで、
今では、静岡県より宮崎県の方が生産量か多いことをしり
少しショックを隠せない丼ちゃんです。

第1位 鹿児島 第2位愛知 第3位宮崎 第4位静岡だそうです。

最近わたしが、なぜフランス料理を懐かしく思い、ラテン系のノリなのか、
なんとなくわかった様な気がした丼ちゃんでした

顔はコテコテの、日本人ですが。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-06-21 07:50 | Comments(0)
イベリコ豚の新事実
d0149593_1535186.jpg

こんにちは、うなぎの丼ちゃんです。

今回は、今何処のお店でも使っていると思えるくらい、よく目にする。
「イベリコ豚」についてお話したいと思います。

皆さん「イベリコ豚」と聞いて何を思い浮かべますか?
「イベリコ種」と言う種類の豚だと思っている方、多くないですか?
もしかしてほとんどの方がそう思っているのかと私は想像します。
多少知識がある方は、「どんぐりだけを餌に育てられた豚」という事は知っているけれど。。。。。?


実はそれが違うのです。


イベリコ豚の「イベリコ」はイベリア(コ)半島のそれで、豚の種類とはまったく関係ありません。
ましてどんぐりだけを餌になんて、そんなにスペインにどんぐりはありませんし、それが、あったとしても、そんなにイベリコ豚できませんから、
今の様子からだと、世界中の全てのどんぐりを食い尽くしてしまう事になります。

私も最初は皆さんと同じ考えでした。

何処のお店、デパート、百貨店、に行ってもイベリコの文字、
物理上、「絶対違うわ~~~」と疑っていたのですが、
オーナーとの何気ない会話の中で、知りました。
「ええ~~~そうなん」とビックリ。「どうりで多いはずや」と
一応納得、一概にウソとは言いがたいですよね。

即ち、イベリア(コ)半島で取れた豚は(一応)、全てイベリコ豚な訳ですよ。

本当は、スペイン政府から言わせると、規定がありそれを通った物は、凄く高いのですが
色々とランク分けされ表示されます。

どんぐりも餌として食べるのは、確か体重が100kg~110kgになった時期の半年間だけです
他の期間は通常の餌を食べます。(この時点でもランク分け)
(それと一番の特徴は放牧です)
それでも、相当~~~~~食べるらしいですよ。とりつかれたように。
(1頭の豚で約1トン以上のドングリと、2~3ヘクタールのコルク樫の森が必要らしいです。)
その半年10月~3月頃までに中には90k位増える者も多いそうです。
こうすると、オレイン酸はもとより、ビタミンB群、ビタミンE、
抗酸化物質を豊富に含むようになります。
そこから、「脚のついたオリーブ」と言う別称もあるそうです。

最近は、当店界隈にも、色々とイタリアンや、フレンチが次々とオープンしています。
一応市場調査の為に食べに行きますが。
そこでも、「イベリコ」と言う文字を頻繁に見かけます。
周りにライバル店が増えると言う事はうちにとってもいいことだと思うので、
特に意識はしません、(陸の孤島という場所から徐々にレベルアップしてきています)
当店は当店のスタイルで私たちの好きな事をやっていきます。

よりお客様に喜んで頂ける範囲で、
今は夏向けにコース料理にも更に一手間を加え
魚料理も冷製と温製二品楽しめるように料理の品数を増やしてお出ししています。
(食べやすく美味しい料理)

それとぐるなび予約・時間限定で、(17時30分~18時、平日火曜~木曜)
暑い日にピッタリのキリッと冷えた白ワイン、
4名様につき(フルボトル1本)サービスさせて頂いています。

最近、自分のお腹を見て「メタボリックシンドロームに気をつけないと」
一層のこと、私も「どんぐり食べようかな」と、
うな垂れる丼ちゃんでした。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-06-13 06:39 | Comments(0)
ミーハーですみません
d0149593_14581411.gif

先日、駿河の国からの謙譲品で、今年初物のすいかが届きました。
こんな感じです。

間もなく当店でお出しいたします。
楽しみにしていて下さい。

◎ハツと言えば、先日テレビでご覧になった方、特に関西の方は、多いと思いますが、
藤原紀香さんの結婚披露宴。

はじめて紀香さんを見たのが(紀香さんだと思うんですが)もう彼是、20年以上も前に
成りますが、以前私が勤めていたレストランに、お母さんと一緒によく来られていたのが、今思うと紀香さんじゃないかという噂が当店の中にあります。(違ったらすいません)
出身地や年齢など外見的な事も、類似しているというみんなの意見です。
当時からとても綺麗で普通の人とはちょっと違う感じでした。
お母さんもお淑やかで、上品な方です。(ミーハーですいません。)
こんな話をすると、つい一人で盛り上がってしまいます。
うぉぉぉ。。。。。

当店にも先日近くの弁護士事務所の有名な方が、来られました。
半個室があるので、芸能関係者も度々起こしになりますが、
その日に限って満席で「カウンターしか空いていません」と伝えると、
「いいですよ」とスンナリOKでした。
その弁護士さんはとても気さくで、腰の低い好感の持てる方でした。
TVを見ても、正統な事を言っていると、私は思います。
(以前はあまりTVをみないので入ってこられた時も最初はわかりませんでした。
「よく似た人だな」という位にしか気にしていませんでした)
すみません。
(最近は見るようにしています)

以前までは郊外のレストランで働いていましたので、マダムがほとんどでしたが、市内に移ってOLさんが多いので、なぜか仕事が楽しいです。
(初のオープンキッチンですし)
お昼はそんな事を考える(見る)余裕もないですが。
現実は厳しいです。。。

普段は女性の姿をほとんど見ない様な一角ですが
食事時になると、当店を目的に。
ありがたい事です。

その期待を裏切らない様に
これから、益々暑くなるのでよりヘルシーに美味しい料理を作っていきます。

でもスィーツはしっかり美味しくしています。
当店自慢のスープも既に冷製をお出ししています。
日替わり(天候によって温かい物に変更あり)
冷たいのが嫌と言う方には温かいスープもその場で用意しますので、お気軽におしゃって下さい。
[PR]
by inoue_yoshihira | 2007-06-05 09:04 | Comments(0)